経営事項審査に受かるためのポイント TOP

このサイトについて

経営事項審査とは、いわゆる公共工事と呼ばれるものを請け負うために、建設業者が受けなければいけない審査のことです。あまり聞きなれない言葉ですが発注者から直接請け負う場合は必ずこの審査が必要で、審査に通らなければ工事の受注をする事が出来ません。

どのような点をチェックするのかというと、経営の規模や経営状況、会社が持っている技術力、社会性などの項目などを見ていきます。

ただ、全ての会社に受ける義務があるわけでなく、下請けの場合はたとえ公共事業であっても必要ありません。

この経営事項審査は、公共工事の受注をするために定期的に受ける必要があります。ここでいう定期的というのは一年のうちに一回とか日にちがきちんと決まっているわけではなく、公共工事の発注者と請負の契約をする日からさかのぼって1年7ヶ月前のすぐ後の事業年度終了後の日以降ということになります。

ちょっとややこしいですが、契約をした次の決算日から七ヶ月以内に審査の手続きが完了しておかなければならないということです。割と期間に余裕があると感じるかもしれませんが、実際にはあっという間で半分程度の期間は何もできずに時間が過ぎますので、手続きは迅速に行っていく必要があります。

コンテンツ一覧

経営事項審査のプロセスと注意点~決算変更届と財務諸表~

経営事項審査の流れについて説明したいと思います。経営事項審査に申請するには細かい地味な作業が沢山待っています。難しいように思うかもしれませんが、順序を追ってコツコツと作業をこなしていくことが大切で...

» 詳細を見る

経営事項審査のプロセスと注意点~書類の収集~

経営事項審査で大切なことは書類の収集です。経営事項審査で審査する内容の中には負債や収益性・効率性なども関わってきますので、それを証明するためには工事の契約書などがとても重要になるからです。特に、工...

» 詳細を見る

経営事項審査と経営規模

経営事項審査では、まず会社の規模について審査されます。ここでいう会社の規模というのは年間の完成工事高のことで、申請を予定している工事の種類に応じてそれぞれ計算がなされます。ここで重要になってくるの...

» 詳細を見る

経営事項審査~経営状況と技術力~

経営事項の審査を申請するに当たって、チェックされるポイントとして経営状況なども考慮されます。経営事項審査では、負債がどれくらいあるのか、工事実績に対してどのくらいの利益が上がっているのか、自己資本...

» 詳細を見る

おすすめ情報一覧

当サイト・オススメ一覧

  • キャッシュレスの利便性や、セキュリティ向上による安全性が向上したショッピングクレジットなら、商品を購入するお客様(エンドユーザー)にとって、購入を決断する上での大きなメリットになります。