経営事項審査に受かるためのポイント TOP > コンテンツ一覧 > 経営事項審査と建築業許可申請

経営事項審査と建築業許可申請

経営事項審査をするに当たって、大きな関係性を持つのが建設業許可申請です。500万円以上の工事を請負施行する場合には必ず必要です。(経営事項審査の加点に大きく影響する一式工事は1,500万以上)

500万円以下の工事の場合は建設業許可は必要ないのですが、大手企業を中心に下請けの場合であっても企業コンプライアンスの観点から、許可を持っていない事業者には下請けを依頼しないということも増えてきています。

経営事項審査において、点数を稼ぐには年間の完成高が大きく影響するため、大手からの下請けが途絶えてしまうのは非常に影響が大きいです。

また、会社に対する融資に関しても建設業許可が影響することがあります。融資の条件として建設業許可を持っていることが必須といったケースも多いです。

大規模な工事を行わない会社でも、融資を受ける場合や上記の元請の要請によって建設業許可の取得が必要になってくることがあります。

建築業許可は、高い水準の基準をクリアした事業者にしか発行されませんので、許可を受けているということだけでも大きなステータスになりますし、企業のイメージアップにも繋がります。

以前に比べてうまみが少なくなってきてはいますが、公共工事の受注には必須ですし、経営事項審査にも大きく影響してきますので、建築業を営んでいるのならぜひ取得を目指したいところです。