経営事項審査に受かるためのポイント TOP > コンテンツ一覧 > 経営事項審査の点数をアップさせるには

経営事項審査の点数をアップさせるには

経営事項審査に受かるためには、加点の大きいもの、減点の大きいものを基本に、現在実施することができるあらゆる項目をチェックする必要があります。

特に重視したいのは社会性に関する項目です。雇用保険と健康保険などは普通の会社であればほぼ実施しているでしょうし、営業停止などの処分を受けていないのであれば大幅な減点は避けられます。あとは退職金制度や法定外労災などで確実に点数を積み重ねていきましょう。

注意点としては、各制度の本質をしっかりと理解しておくことです。退職金制度などは審議基準日より前に設置しないと意味がありませんし、法定外労災も加点されるには条件などが定められています。

期日前に手続きを行う、保険会社に詳細を確認しておくなど、各項目において確実に、適切な対処を行っていきましょう。

完成工事高についても注意が必要です。建設業法上の工事分類をきちんと把握しておかなくてはいけません。専門工事を一式工事に振り分けをすることで一式工事の点数をアップさせたりなどをする事が可能です。

場合によっては振り分けができないこともありますし、振り分けた工事に関しては元の工事自体の加点はなくなりますので、的確に振り分けを行う必要があります。